ネットでうつ病に

ネットがうつ病の原因に

医者

現代はインターネットが広く普及した社会であり、世界中の情報に一瞬でアクセスすることが可能な、いわば情報過多な時代です。 そのような時代に生きる我々は、情報処理のスキルに加え、インターネットリテラシーを持つ必要があると言えるでしょう。 例えば、残虐な映像、画像、ストーリーなど、これは精神衛生上よくないため、見る人が見ればトラウマを引き起こし、うつ病の原因となってしまいます。 世界には今でも戦争をしている国もありますし、宗教的な争いも耐えません。ネットでそれらを一度検索すれば、余りにも残虐な画像にヒットしてしまいます。 それらを日常的に閲覧することは、うつ病の原因となりますので注意が必要です。 不要なネガティブ情報を避けるというのもまた、必要なITリテラシーの一つといえるでしょう。

醜いものに触れないこと

インターネットの罠は他にもたくさん存在しています。 例えば某巨大掲示板やまとめサイトを閲覧すれば、醜い罵り合いや、口汚い言葉のやり取り、荒らし行為など、そこには重要な情報のやり取りもあるのは確かですが、それにしても看過出来ないレベルの醜い言葉に触れることになってしまいます。 人の醜さに触れる機会というのは、日常的にあってはならないものです。人はそこまで醜いものではないからです。清濁併せ呑むというのが理想的であり、人の醜い部分にのみ触れるというのは、うつ病の原因を生むといえるでしょう。 精神的な健康を保ちたい人は、そのような掲示板やまとめサイトを避けるというのも良いかもわかりません。うつ病の原因となるものを積極的に避ける努力も必要なのです。