脳に効果があるもの

うつ病の原因の1つは不眠

勇気がわいてくる

うつ病となってしまう原因の1つに、不眠があります。仕事や人間関係などから緊張感が続き、興奮状態となってしまうことでなかなか寝付けずに、深く睡眠をとることができないことがあります。睡眠は脳を活性させていくことに重要な行ないでして、ちゃんと眠ることができなければ精神的にいろんな負担を感じてしまうようになります。その不眠の原因となるものがストレスといわれております。そのためストレスを緩和できる方法を見つけることが大事なのですが、その前に脳を活性させられる方法を取り入れることが大事です。最近では不眠症対策として役立つ道具があります。それがブライトライトというもので、光療法で使われるライトです。大きさはさまざまで1つの価格がおおよそ1万円から4万円と幅広いものです。

朝日はセロトニンが分泌します

脳の活性が良くならなければうつ病はなかなか治りにくく、そのためにも脳に良い栄養を蓄えることも大事です。ブライトライトは太陽の光のような明るさを出し、脳に良い栄養を入れてくれます。実は太陽の光を浴びることもうつ病に効果があるといわれているのです。ストレスを抱えて精神的に負担を抱えてしまいますと、自然と部屋の中など光が当たらないところへ閉じこもりがちです。太陽の光を長く浴びないこともうつ病発祥の原因とも言われています。とくに朝日は、その光を浴びることで脳内にセロトニンという脳内物質を分泌させる効果があり、セロトニンが不足することでもうつ病の原因となる場合もあるので、朝日を浴びることはとても良い習慣となります。